4月30日『第三回和康の個展』沖縄横笛協会 師範 前田裕美先生より琉球笛入門講座を開催致します。笛のお貸出しも出来ます。

まったく初めての方の講座・少し上達出来る講座を設けました。是非ご参加ください。

 

琉球古典音楽の笛は、歌三線の伴奏と舞い踊りや組踊の舞台で、笛が複数人で演奏する事はまずありません。

琉球古典音楽の独特な雰囲気の曲調の中で笛が一人と言う、とても重要なポジションです。

何人かの方々と一緒にお稽古して、二重奏など練習して上手くハモれると快感です。

『鼓笛弦遊』と言う笛と太鼓の魅力を披露する合奏曲があります、笛が多いほど迫力があって、聴き応えがあるので、このような曲も学びながらの琉球笛お稽古が出来ます。

是非、琉球の音楽を一緒に継承して行きましょう。

 

お電話でのお申込み:080-2045-8150

琉球古典音楽は、琉球王朝時代に宮廷音楽として演奏されていたもので、国の儀式や国賓のおもてなしに重要な役割を担っていました。

複数の曲を組みわせて琉球舞踊や組踊などが演じられます。

演奏は、三線に琉歌を乗せて歌う「歌三線」が基本で、伴奏楽器として箏、笛、胡弓、太鼓が使用されます。

 

教室では、主に声楽譜付きの琉球古典音楽野村流工工四(楽譜)を参考にしながら、歌三線に合わせて舞踊曲の笛の勉強をします。

未経験の方、大歓迎。沖縄で開催される琉球古典芸能コンクール受験の指導、推薦も可能です。

 

また、関東には沖縄横笛協会の教室が他にもいくつかありますので、交通の便などを考え、参加しやすい教室をご紹介することも可能です。

 

プロフィール

沖縄横笛協会 師範 前田裕美

平成10年 沖縄横笛協会国吉博氏に師事

平成17年 琉球新報社主催琉球古典芸能コンクール笛部門・最高賞受賞

平成17年 沖縄横笛協会教師免許取得

平成24年 沖縄横笛協会師範免許取得

平成18年に沖縄横笛研究所開設し、舞踊の地謡を務める傍ら、後輩の育成指導に携わっています。