古典調篠笛(相模調子) 価格表

壱越・断金・平調・勝絶・下無・双調・鳧鐘・黄鐘・鸞鐘・盤渉・神仙・上無の十二音階を作り製作しています。特に宮音をきちんと作る事で、お囃子に重要な音階が出来ています。筒音を出し易く、重低音が効く呂音に加え、甲音や大甲音は鋭く重く遠音の効く音量になっています。

江戸囃子・相模囃子・神田囃子・葛西囃子・江戸里神楽・相模里神楽・目黒流・船橋流・佐原囃子・などなど幅広く使われている篠笛です。

和康の古典調は相模調子と命名し『相模』の名が入ります。

古典調 拭き漆天地巻

管の中は黒漆塗 管の外側は赤目拭き漆仕上げ、籐巻は埃漆仕上げです。

古典調 拭き漆天地四半巻

指孔の間に四か所の巻を入れ割れ防止に役立ちます、やや締まった音色が特徴です。

古典調 総巻

総巻の重量感ある逸品です。やや締まった音色が特徴です。

古典調 朱漆の拭き漆 天地四半巻

朱漆のとてもマットな色合いが特徴です、漆塗とは違い唇が滑らづ吹き易い笛です。